熊本観光地・娯楽施設

絞り込み検索

例:九州野菜ハチマルハチ
  • カテゴリ
  • 予算

検索条件:「観光地・娯楽施設」

全1540件[1/77ページ]

  • 出水神社 秋季大祭

    出水神社 秋季大祭

    <観光地・娯楽施設>

  • 出水神社

    出水神社
    水神社は、熊本県熊本市中央区の水前寺成趣園内にある神社である。熊本藩歴代藩主を祀る神社として、明治時代にかつての家臣らによって創建された。旧社格は県社。

    <観光地・娯楽施設>

  • 石貫ナギノ横穴古墳群

    石貫ナギノ横穴古墳群
    繁根木川右岸には、灰石と呼ばれる阿蘇溶結凝灰岩の崖面が多くあり、その崖面250メートルほどの範囲にわたって横穴墓が造られています。これらは古墳時代後半に造られた墓地で、遺体を置く部分(屍床)が多いもので一つの横穴墓につき3ヶ所設けられています。 石貫ナギノ横穴群の2枚目の画像飾縁(横穴墓入口の縁部分)には、赤などで文様が描かれており、内部には屋根形の浮き彫りや太刀のレリーフなど多様な装飾が施されているものもあります。特に6号墓と8号墓の飾縁は赤の円文などで鮮やかに装飾されており、横穴墓としての規模も大きく玉名市が全国に誇る装飾ある横穴墓

    <観光地・娯楽施設>

  • 石塘史跡公園

    石塘史跡公園
    石塘 往時菊池川の主流は横島山と久島山間を流れていた。加藤清正は菊池川の水路変更と石塘築堤によって、数百町歩の耕地が出来ることに着眼し、天正十七年(一五八九年)工を起し十七年間の歳月をついやし、慶長十年(一六〇五年)これを完成した。その間、横島久島間約四〇〇米の築堤は最も難工事で人柱と読経の加護によって築かれたと言い伝えられている。 人柱の跡 加藤清正公の小田牟田新地干陸で最も困難だったのは石塘の潮止工事であった。築いては幾度となくこわれるので人力では如何ともしがたく、古例にならって人柱を入れ、横島山頂より読経して潮止に成功したと言う。 その場所がここであると伝えられる。この築堤に当たり多数の犠牲者と人柱に立った人の霊を祀ったのが大園にある本田大明神である。 横島町教育委員会/横島町文化保存顕彰会(引用)

    <観光地・娯楽施設>

  • 池の川水源

    池の川水源

    <観光地・娯楽施設>

  • 池尻の唐傘松

    池尻の唐傘松
    巨人がもし盆栽好きなら持っていってしまうだろう・・・見事な枝振りの池尻の唐傘松を見に行ってきました♪ 樹齢400年の造形美でしょうね、自然の凄さを感じました!空気が澄んでいて癒されつつ持って行ったお弁当も 格別なものに変えてくれます!秘密にしたい場所だよ♪由来は、佇まいが唐傘を広げた姿に似ているからだって!

    <観光地・娯楽施設>

  • 飯田山

    飯田山
    飯田山(431m)は熊本平野の北東部に位置し、お椀を伏せたようなきれいな形の山で、西の金峰山と対峙。 昔話で「西の金峰山と背比べしようということになり、金峰山と飯田山に樋を架け、有明海の水を流したそうです。金峰山(665m)が高かったため、水は飯田山へ流れ、そのこぼれた水が頂上直下の池と熊本市内にある江津湖になったといわれています。それ以来、高さで負けた飯田山は、「もう、高さの事はいいださん」といったそうな」の言い伝えがあります。 山腹には平安時代末期に創建された「天台宗 常楽寺」があります。この参道には麓から60間(約100m)間隔で石仏が安置されており、一丁から十四丁までの里程となっています。 山頂まで車道があるが、一般車は通行不可。常楽寺までは林道を利用していくことができ、お寺の前に駐車場とトイレがあります。山頂は広い公園になっており、見晴らしもよく熊本平野を一望でき、遠くは普賢岳、金峰山などが望まれます。

    <観光地・娯楽施設>

  • 秋津中央公園

    秋津中央公園

    <観光地・娯楽施設>

  • 青井阿蘇神 文化苑

    青井阿蘇神 文化苑
    「むすび回廊」より先に広がる隣接地は、平安時代初期の大同元年(806)から明治時代にいたる1100年間、大宮司を五十八代にわたり世襲した青井家所有の屋敷で、主屋、東の土蔵、西の土蔵、物見、付属住宅、門などで構成されています。 諸般の事情から大正10年頃に売却され、およそ90年の長い歳月が経過していましたが、平成22年4月12日に再び神社と一つに結ばれ、神社本来の姿に復古したのでした。 今後未来に向けた地域文化の隆昌と継承に願いを込め、旧青井大宮司屋敷は国宝青井阿蘇神社の「文化苑(ぶんかえん)」、一番の歴史的建造物の主屋は「継承殿(けいしょうでん)」と名付けられました。

    <観光地・娯楽施設>

  • 会地公園

    会地公園
    八代市の県道14号線沿いにある公園。 多目的広場や水遊びができる、じゃぶじゃぶ池や遊具のある「ちびっこ広場」「わんぱく広場」があり、「わんぱく広場」の方には、草そりができる草そりゲレンデも!遊具広場も2つに分かれ、安全に遊ぶことができる

    <観光地・娯楽施設>

  • 愛染院

    愛染院
    人間の本能である「愛欲」を仏への信仰の力へと浄化し、悩みを救うとされる愛染明王。その名の通り、縁結びにご利益がある。境内入口では、樹齢400年を超える金木犀が大きな枝葉を広げている。

    <観光地・娯楽施設>

  • 熊本港野鳥池

    熊本港野鳥池

    <観光地・娯楽施設>

  • 水前寺児童公園

    水前寺児童公園
    プールの利用は注意事項を守りましょう。

    <観光地・娯楽施設>

  • 熊本市田原坂西南戦争資料館

    熊本市田原坂西南戦争資料館

    <観光地・娯楽施設>

  • 七城運動公園

    七城運動公園
    運動公園の施設及び附属施設の利用には、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければなりません。許可に係る事項を変更しようとするときも、同様です。

    <観光地・娯楽施設>

  • 緒方家

    緒方家

    <観光地・娯楽施設>

  • 松浜軒

    松浜軒

    <観光地・娯楽施設>

  • 菊池市役所 道の駅泗水養生市場

    菊池市役所 道の駅泗水養生市場
    道の駅泗水養生市場は、国道387号線沿いにある物産館です。 完全無農薬、有機栽培、無添加等の安全・安心な食にこだわっています。 豊富な新鮮野菜に、惣菜・弁当・田舎餅に団子なども人気です。ぜひ遊びに来てください。

    <観光地・娯楽施設>

  • 平野台展望所

    平野台展望所
    黒川温泉郷からは、徒歩45分車では離合が大変な道を通るという多少のリスクは伴いますが、そこから見る景色は絶景。 阿蘇の山が巨大な涅槃像に見えることから、神聖な地であることも伺えますね。 また、こちらは、「恋人たちの丘」ともいわれており、幸せの鐘を鳴らす恋人達の姿もみられます。 少々たどり着く道のりは険しいですが、その先にあるものは.... 行く人によって、感じるものはそれぞれのスポットです。

    <観光地・娯楽施設>

  • 吉祥の湯

    吉祥の湯
    杖立川沿いにつくられた露天風呂施設で、その規模は九州最大級。 敷地内は木々と岩が調和し情緒ある庭園風になっており、四季の移り変わりを肌で味わうことができます。 男女それぞれ趣の異なる五つの浴槽が見事な庭園の中にあり、大人数でもゆったり入れる大きな岩風呂や、一人の空間を楽しめる桶風呂をはじめ、木風呂、溶岩風呂、小岩風呂といった五種類の様々なお風呂をお楽しみ頂けます。 「吉祥の湯」の人気の秘密はお風呂の種類だけではありません。やはり秀逸はその泉質です。 弱アルカリ性のサラリとした感触の透明なお湯で、皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流す作用があり、神経痛、関節痛などたくさんの効能に期待ができます。 この贅沢なお湯を全浴槽が加水・加温なしの源泉をかけ流しで味わえます。 また、男女別につくられた自慢の露天風呂では岩風呂や溶岩風呂、職人技が光る伝統の桶風呂など大小さまざまな5種類のお風呂が点在しています。 その匠の技を見るだけでも価値ある体験になりますよね♪ ぜひすべての露天風呂を楽しみましょう。 ご家族やご夫婦・カップルでゆったりと入れる貸切家族風呂もコテージ風の離れで心身共にリラックスできること間違いなしです。

    <観光地・娯楽施設>

1 ~ 20件(全1540件)  ≫次へ


 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39  40  41  42  43  44  45  46  47  48  49  50  51  52  53  54  55  56  57  58  59  60  61  62  63  64  65  66  67  68  69  70  71  72  73  74  75  76  77 

トップへ

最近チェックしたお店


  •  

     

  •  

     

  •  

     

 クマみる出前検索 / クマみる 熊本求人情報検索 / クマみる 熊本県メンバー募集情報 / クマみる 熊本県生徒募集情報

トップへ


Copyright (c) 2012-2020 KUMAMIRU All Rights Reserved.